プロポリスとハチミツの違いは

プロポリスとハチミツはどちらもミツバチが植物から集めてきた物質から作ったものですが、原料、成分、風味などがかなり違います。
この記事ではプロポリスとハチミツの違いをご説明します。

原料の違い

プロポリスはミツバチが樹木から集めてきた物質に、ミツバチが分泌するミツロウが混ざってできた天然の物質です。
ミツバチは新芽、つぼみ、樹皮に含まれる樹脂や樹液を巣に持ち帰り、かむことでミツロウと混ざり粘着力がある茶褐色の塊になります。
ミツバチはプロポリスを巣の殺菌や修理に使っています。
蜂蜜はミツバチが集めた花蜜に、ミツバチの唾液が混ざったもので、ミツバチの主食となります。
ミツバチが花蜜を持ち帰ると、巣にいた蜂が口移しで花蜜を運びます。
そして、羽で風を送って花蜜を濃縮し温かい巣の中で熟成させてハチミツができます。
ハチミツは透明感がある黄金色や茶色の液体で、ミツロウで蓋をして保管されています。

成分、製法、味の違い

プロポリスの主な原料は樹脂、樹液50~55%、ミツロウ30%、精油・揮発油10%です。
プロポリスには桂皮酸誘導体やフラボノイドが豊富で、少しツンとする風味が感じられます。
プロポリスの原料となる樹木は地域によって異なり、プロポリス製品のテクスチャは製法によって違います。
プロポリス製品は水、アルコール、気圧などで抽出して作る方法があり、製法によって成分の一部が異なります。
ハチミツの成分は約2割が水、約8割は糖質でエネルギーは100gあたり約300kcalです。
花蜜とは違い、ショ糖がブドウ糖と果糖に分解されています。
味は甘くとろみがあり、花の種類によって色、味、粘度が異なります。

価格、用途の違い

プロポリスは1回に数百gしかとれず、蜂蜜に比べてとても少ない量です。
はちみつは100gあたり500~1000円ぐらいですが、プロポリス抽出液は1万円ぐらいします。
プロポリスは免疫力向上や殺菌作用を目的に5~10滴程度を服用する方が多いのに対して、蜂蜜は甘味料として使われています。